少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

トゥアレグ族(ニジェール)

アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑
サハラ砂漠を支配する砂漠の遊牧民
【居住地】 ニジェール、アルジェリア、マリ、リビア
アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑
【起源】 カソイド系ベルベル人
アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑
【人口】 100〜300万人
アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑
【言語】 トゥアレグ語(タマシェク語)
アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑
【生活様式】 ラクダや家畜を放牧して暮らす。

アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑トゥアレグ族の分布マップ アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑泥で作られたモスク アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑ラクダにまたがり移動

歴史
紀元前数千年前にカプサ文化を、北アフリカに持ち込んだ人たちがトゥアレグ族の起源だと言われている。
15世紀には西アフリカのポルトガル人と交易し、奴隷、象牙(ぞうげ)、黄金、毛皮などを地中海地方と中東にもたらすサハラ横断の隊商を掌握していた。
19世紀以前は、戦闘用のラクダに乗り、槍と皮の盾と大きな刀で武装し、隊商や他の部族のオアシスを略奪するなど、好戦的且つ勇猛な民族として近隣部族や外国の商人からから恐れられていた。
1902年にフランスに敗れてその支配下に入った。


特徴
青いターバンと民族衣装を着用することから青衣の民として知られる。
一般にイスラーム世界では女性が全身や顔を衣装で隠す習慣があるが、トゥアレグでは女性の地位が高く、逆に男性が全身そして顔を衣装で覆い、女性は皮膚を露出していることもある。
一般的に目鼻立ちの整った美男美女が多い民族である。

生活
ラクダ、ヤギ、羊、牛等を放牧して暮らしている。
現在でもラクダの隊商を組み、塩や家畜等を売って、中国茶、砂糖、衣料などを等を手に入れている。
両親と未婚の子供が家族として一緒のテントで暮らし、親族や友人とグループを作って生活している。
女性の地位が高いこともあり、イスラム教にもかかわらず一夫一婦制を守っている。
社会組織については、貴族、臣下、宗教者の三つの階級と鍛冶(かじ)屋と奴隷の二つの身分制度が存在するのが特徴である。
またタマシェクと呼ばれるベルベル系の言語を話し、ティフィナクという古代フェニキア文字の系統を引く文字も使用する。
町ごとに異なるクロスを持ちそのクロスで出身地や身分を表したり、砂漠を行く時のコンパス代わりとしても使用することがある。

信仰
イスラム教スンニ派。
12世紀に広く広まったと言われている。
同時に先祖を信仰している。
特にトゥアレグ族最初の王国を作ったと言われる女首長ティン・ヒナンは多くの尊敬を集めている。
アクセス
トゥアレグの文化に触れたいならニジェールの砂漠の町アガデスが特にお薦め。
ラクダの市場など、トゥアレグの生活に触れられるだけでなく、さまざまな伝統工芸も根付いている。
モロッコの西部、モーリタニア、マリなどの砂漠地帯でもトゥアレグ族に会うことは可能。
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
アフリカ ニジェール アルジェリア トウアレグ トゥアレグ サハラ砂漠 図鑑