少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

ピグミー族、バトワ族(ウガンダ)
(ピグミー族という呼び方は150cmに満たない小さな少数民族の人たちの総称です。)

アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑
アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑 写真
大人でも150cm以上にならない森の妖精
【居住地】 ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国
アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑
【起源】 中央アフリカ大湖地域に住んでいた先住民
アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑
【人口】 約80000人
アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑
【言語】 Rukiga
アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑
【生活様式】 一族で村を作り、森で狩猟、小規模な作物を育て暮らす。

アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑ウガンダにあるピグミー村 アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑ピグミー族の子供 アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑ピグミー族の家と住民

歴史
もともとアフリカ中央部に広く分布する先住民だったが、内戦や森林の伐採で限られた地域の限られた場所にだけ住む民族となってしまった。
アフリカの先住民の中でも最も古くから存在する民族の一つと考えられている。
特徴
ピグミー族の人々は大人でも150cmに満たないぐらいにしかならない。
ピグミー族は他の民族と異なり、10代はじめに身長の成長が鈍化する傾向にあり、そのため成人の身長が低くなる。
実は生まれた時はほかのどの種族より大きいとの話だ。
ただピグミー族の寿命はほかの民族よりも短く、早く種族を残すために、ほかの民族よりも早く大人になるらしい。
祭りや儀式を大切にする民族であらゆる場面で円になって踊る。
生活
基本的に森の中に親戚同士で村を形成し、村長を中心に暮らしている。
男性は狩猟に出かけ、女性は子供の世話やほかの仕事をすべて請け負う。
ただし近年は政府のナショナルパーク化政策により、狩猟が制限されるようになり、政府からの援助や観光による収入が生活の多くを占めるようになってきた。
それに伴い小規模な農業や畜産もおこなうようになって来ている。

信仰
精霊信仰(アニミズム)、先祖崇拝
アクセス
ウガンダの首都カンパラからピグミー族を訪れる拠点となる町フォートポータルまではバスが頻繁に出ている。
所要5〜6時間。

ピグミー村へはフォートポータルから、乗り合いトラック(マタトゥ)を使っていく。
所要2時間クタンディというところで降りて数分歩くとピグミー村がある。

ルワンダやブルンジでもバトワ系のピグミー族の村へ訪れることができる。

多くのピグミー族に会いたいならウガンダ⇒コンゴ民主共和国でイトゥリの森を訪れることも可能。
ムブティ族の多くの集落に行ける。
ただし移動手段は限られているため、通常車をチャーターして訪れることとなる。

時間とカメルーン南東部、ガボン北部などでバカ族に会うことも可能。
いずれにしろかなりの労力が必要となります。
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
アフリカ ウガンダ コンゴ民主共和国 ピグミー族 写真 図鑑