少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

ムルシ族(エチオピア)


ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真
下唇のお皿で有名なエチオピアの民族
【居住地】 エチオピア南西部、マゴナショナルパーク、オモ川流域
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真
【起源】 オモ川西から200年前に移動してきた
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真
【人口】 6000〜10000人
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真
【言語】 ムルシ語(スルマ系言語)
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真
【生活様式】 一族単位で村を形成し、牛、山羊の放牧、トウモロコシなどの農産をおこなっている
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真オプオの場所 ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真ムルシ族の居住地域 ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真ムルシ族の子供

歴史
150〜200年前にオモ川の西から川を渡り移動して来たと考えられている。
それからも1900年前半と後半に移動を繰り返し現在の場所に移動してきた。
19世紀の終わりにメンリク2世によってこの地域はエチオピアに組み込まれた。
奴隷貿易が盛んだった頃は数多くのムルシ族が奴隷としてとらえられ、南米などに送られた。
特徴
ムルシ族の女性は、思春期から結婚へ向かう(15歳から16歳くらい)時に、唇に「デヴィニヤ」と呼ばれる土器で作った皿をはめ込む。
これらの皿は成長するにしたがってにだんだん大きなものに換えていく。
ムルシ族の価値観では大きな皿をつけているほど美しい女性とされ、結婚する時の結納に交わされる牛の数も多くなる。
この皿は男性の前ではとってはいけないものとなっているが、最近ではエチオピア政府からの指導もあり普段はずしている人も多い。
デヴィニャのもともとの起こりは数百年前奴隷貿易が盛んな時代、自分を醜く見せることにより商品価値を無くし、さらわれることがないようにしたことが始まりだと言われている。
生活
一族単位で村を形成し、牛の放牧やトウモロコシをオモ川、マゴ川流域で育てることにより生計を立てている。
ムルシ族のの人々にとって牛は非常に重要な家畜であるとともに彼らのシンボルとなっている。
例えば結婚する時は花婿から花嫁の家族に結納品として牛を献上する仕組みになっている。(理想は30匹程度)。
また、様々な取引や問題が起こった際にも牛がお金のような役割をしている。
今でも収穫祭(ソルガム)の中のドンガの儀式の中では、男性が自らを奮い立たせるために牛の生血を飲む。
これはもともと野菜を食べなかったムルシ族が鉄分などのビタミンを取るためにウシの血を飲んでいたところからきている。
また虫よけ、日よけ、皮膚の乾燥を防ぐためにウシの血や糞尿などを体に塗る習慣を持っている。

ムルシ族の男たちは、ソルガムの収穫後「ドンガ」という2m以上もある杖で村をまたいで戦い合うす。
これが有名な通称「スティックファイト」と呼ばれるもので、この戦いに勝利することは一族の尊敬を集め、また自分の好みの女性をゲットするチャンスにもなっている。

また彼らは男性によるミーティングによって物事を決定しますが、そのリーダーをjalabaといい、村の様々な問題や方針を決定する際の政治的なリーダーとして君臨sる。
信仰
多くの物の中に精霊や神が宿るとするアニミズムを信仰している。

また各村にはkomorenaと呼ばれる祈祷師がいて日照りや災害の時。村を代表してい祈りを捧げる。
様々な祭りごとや儀式を取り仕切るのものkomorenaの役目である。

アクセス
ムルシ族を訪れる際の起点となる町はジンカ。
一応アジスアベバから小型プロペラ機も飛んでいる。(欠航になることも多い。)

バスだとアジスアベバから丸2日コース。
途中の町アルバミンチで一泊となる。
アジスアベバ発ジンカ行きは毎日一本でAM6:00くらいの出発だが、席が取り合いになるのでAM5:00くらいにバス停に行ってなければならない。
門が空いたらバスまでダッシュ。
エチオピアの長距離移動バスはどこに行く時も基本同じ。
あまりのめんどくささに前夜憂鬱になる。
アルバミンチからジンカ行きもほぼ同じルールで運営されている。

途中の町にバスを乗り継ぎながらでも行けることは行けるがバスの本数は少ない。
またお金は取られるがトラックの荷台に乗っていくのも可能。
しかしバスより割高。

バスはのろく、道は悪く、ほこりっぽい、しかもすぐ壊れる。。
道中暑くて窓を開けようとすると悪霊が入ってくると言われ閉められる。
ついでにシートにダニや南京虫がすごい。

宿はアルバミンチ、ジンカともに安宿はたくさんあるがいい宿は少ない。
アジスアベバなら、Taitu hotel,ジンカならGemja Hotelは比較的お薦め。
(節約派の宿です。)
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真