少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

リス族

東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装
カラフルな衣装の誇り高き高貴な人々
【居住地】 チェンマイ県、チェンライ県(タイ)など山岳地帯
東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装
【起源】 チベット東部
東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装
【人口】 約3万人(タイ)
中国に60万人、ミャンマーに35万人住む
東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装
【言語】 リス語
東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装
【生活様式】 一族で村を作り、森で狩猟、牛、鶏、豚などの畜産、トウモロコシなどを育てて生活する。

東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装リス族が住む地域 東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装マーケットで野菜を売るリス族 東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装女性は美人が多いといわれる

歴史
チベット東部を起源とし、約200年前に移動を開始し、中国雲南省やミャンマーのシャン州の2つの地域に移住。
約70年前にサルウィン川沿いにミャンマーからタイへ移動して来た。
特徴
タイの少数民族の中でも最も華麗な存在で、その民族衣装は原色の布を縫い合わせた、とても華やかな衣装である。
生活
リス族は、渓流沿いの山岳地帯に集落をつくる。
伝統的にかや草で屋根を 敷き、周りを竹で囲った素朴な家屋に住んでいる。
集落を山の斜面につくり、入口は下り坂に向かって設置される。
家の背後には先祖の霊を祭る社がつくられる。
各家庭の祭壇は入口正面に作られ、これは戻ってくる先祖霊が迷わないためで、先祖を崇拝するリス族ならではの配慮である。

リス族は清潔好きな民族としても有名で、毎日の水浴と洗濯を欠かさない。
以前はケシの栽培で現金収入を得ていたが、政府の取り締まりが厳しくなった昨今では、通常の換金農作物を作っている。

リス族の男性が同族の娘を妻に迎える時には多くの結納金が必要になる。
伝統や自分たち民族たち民族に誇りを持つリス族はその結納金が他の民族よりもはるかに高くなっていて、お金のない男性はアカ族など他の種族のお嫁さんをもらうこともある。

信仰
精霊信仰と先祖崇拝。

精霊が村を守り、幸福にし、または、不幸にすると考えられている。
特に水の精霊は頻繁に病気の原因となるとして、恐れられている。

病気の原因が明らかでない時、豚と鶏を先祖へのいけにえとする。
霊媒師が先祖の祭壇の前で、先祖の霊に病気を治す方法を尋ねる。

リス族の村には必ず祈 祷師、呪術師(モー・ピー)と呼ばれる宗教的な儀式をつかさどる者がいて、尊敬を集め、大きな権力を持っている。
モー・ピーの主な仕事は先祖の霊を安らかにし、病人を直し、悪霊から遠ざけ、占いや祈祷によって村人らを拠り良い方向に導くことだが、呪いなどの力も持つと信じられている。


アクセス
いがいとお薦めなのがパイとメーホンソンのちょうど中間にある町ソッポン。
油断していると確実に通り過ぎてしまう。
そんな街だけに観光客はほとんどいない。
火曜日の市には近くに住むリス族の人たちが多く訪れる。
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
東南アジア 山岳民族 タイ リス族 民族衣装