絶対に会いたい!少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

クナ族(パナマ)

中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラ
鮮やかな飾り布モラをまとったカリブ海の先住民
【居住地】 パナマ
中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラ
【起源】 コロンビア共和国のウラバ湾に住んでいた先住民
中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラ
【人口】 約4万人
中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラ
【言語】 クナ語
中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラ
【生活様式】 島ごとにコミュニティを作り海に面した家に一族単位で暮らす。カヌーで漁をし、わずかな家畜を育てて生活する。
中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラクナ族が住む地域 中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラクナ族の女性 中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラモラ

歴史
もともとはコロンビアのウラバ湾に住んでいたが、ダリエンに住んでいたクエバ族が進出してきたスペインによって滅ぼされると、そちらに居住するようになった。
その後スペインとの戦争などを経て、1800年半ばにはサン・ブラス諸島に移り住むようになった。
島に渡った理由は、ジャングルの湿気と蚊を避けるため。

1800年代にイギリスから洋服がももちこまれ、それまで裸にボディペインティングで暮らしていたクナの人々は洋服を着るようになった。
有名なモラは約1900年付近にペインティングの代わりに広がったと言われている。
特徴
かってはボディペインティングで暮らしていたクナの人々も、ヨーロッパから洋服が持ち込まれると徐々に洋服を着用するようになり、その過程でモラが生まれた。
女性の格好はモラだけでなくとても個性的。
頭には赤いムスエという布をかぶり。鼻筋には木の実の汁で黒い線を引く。
鼻には金の鼻輪をつけ、頬にアチョーテの身から作った赤い汁を塗る。
ブラウスの腹の部分の表裏にはクナ族の象徴であるモラが付き、下半身には紺や黒の1枚布を巻きつけている。
また腕や足には多くのビーズアクセリーを身につける。
反対に男性は普段はTシャツに短パンという普通のいでたちで生活している。

生活
サンブラス諸島はパナマの北東部に沿ってコロンビアとの国境に至るまで点在する約 350の小島から成る列島を指す。
現在それらの島にはクナ族が約5万人が住んでいる。
それぞれの島は独自のザヒラ、つまりその共同体内の年長の男子によって構成される一種の地方議会により統治される。

クナ族の家は、野生のサトウキビの茎を並べ、屋根は、ヤシの葉でふかれた素朴な家である。基本的に海に面していて、トイレは、海に突き出た小屋で、排泄物は海へ返される。
クナ族の人は寝るときはハンモックに揺られながら寝る。

モラの作り方は、五枚くらいの色木綿布を何枚か重ね、切り込みを入れてあざやかな色のラインを出し、糸で丁寧にまつっていく。
そうすることにより色とりどりのモチーフが黒や赤の布地の下に 現れ、モラができあがる。
モラのデザインはクナ族の作る人の感覚の表現であり、また種族の信仰や、野生の植物や動物、を表すことが多い。
一つ一つが手作りで、作品によっては数か月もの月日をかけて作られるものもある。

信仰
自然を崇拝し、世界は、8層の天界と8層の地下界から成り、多様な精霊や悪霊が住んでいるとされている。

ネレと呼ばれるシャーマンが存在し、霊界を透視し、未来を予言する特別な能力を持つとされている。

ネレは尊敬され、村では大きな権力を持つ。
アクセス
パナマシティからジャングルをはさんで北東方向、カリブ海沿いコロンビアとの国境近くにサンブラス諸島がある。
パナマシティから飛行機が飛んでいるのでそれが便利。

節約派はジャングルを車(乗り合いの四駆)で越えてカリブ海側まで行き、島からボートで迎えに来てもらうことも可能。
ただし雨季は車が途中で止まりかなり大変なことになる。

島ではホームステイがお薦め、3食、アクティビティつきで20$から。
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
中米 パナマ サンブラス諸島 クナ族 モラ