少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

パダウン族<カレン族、別名:首長族>(タイ)

パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族
パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族
首長族として知られるカレン族の一種
【居住地】 タイ北部、ミャンマー南部
パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族
【起源】 ミャンマーから
パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族
【人口】 約500人(タイ)
ミャンマー約3万人
パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族
【言語】 カレン語
パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族
【生活様式】 一族で村を作り、森で狩猟、小規模な作物を育て暮らす。
タイのパダウン族は観光業。
パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族パダウン族が住む地域の地図 パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族お土産を売るパダウン族 パダウン族 カレン族 タイ 東南アジア 北部 ミャンマー 首長族年配の女性

歴史
1988年のビルマ政府軍と少数民族との内戦が勃発しそれを避けるようにタイに避難してきた。
もともとはミャンマーに多く住むカレン族の一種。
現在でもミャンマーの軍事政権に対し多くのカレン族が反政府軍として戦っている。
特徴
伝統的には、満月の水曜日に生まれた少女だけが、首に真ちゅうの渦巻きを巻くことになっていたが、現在は、観光客の影響でほとんどの女性が、首に真ちゅうの渦巻きを巻く。
しかし、ビルマのパダウン族の間では、この習慣は廃れつつある。

5歳くらいから、真ちゅうの首輪を首に巻き、最高32本まで巻きつけるとされている。
入浴の時には、首輪を磨き、いつも清潔にしている。

実際はレントゲン写真の結果、首が伸びたのでなく、ろっ骨が、真ちゅうの重みで落ち、その結果、首が長くなったように見えるということらしい。
生活
長老者たち、村長、宗教的指導者よって取りまとめられた、独立した村社会。
プロポーズは本人の他、女性の両親とその他の家族の説得が必要。
そのため、花嫁への贈り物は高価なものになる。
結婚しても、半年間は、花嫁は自分の家に留まって生活する。
タイのパダウン族は現在観光収入で生活しているが、本来は畑を耕し、家畜を飼い、森で猟をして自給自足の生活を営む。

信仰
仏教の影響を受けた精霊信仰
男女両方のシャーマン(ベディン・サヤ)がいる。
村人が病気になった時、病気の原因となる精霊を突き止め、いけにえを持ってこれを鎮める。
その他、重要な活動の時期を決める時も、まじない医師の鶏の骨を使った占いで決める。

アクセス
メーホンソン県に3つの村があり、どれも観光のための村という感じではあるが、お薦めを言えば3つのうち一番大きいナイソイ村。
ツアーで行くとお土産品を売ろうと大騒ぎになるので、ツアーではなく、個人的に訪れた方が自然に生活をするパダウンの人々を見れる。
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
ムルシ族 murushi エチオピア マゴナショナルパーク ジンカ 図鑑 説明 写真