少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

ヒンバ族(ナミビア)


ヒンバ族 himba ナミビア カオコランド 図鑑 説明 写真
赤き美しき民ヒンバ族
【居住地】 ナミビア北部カオコランド地方
少数民族,大図鑑,ヒンバ族,ナミビア,オプオ,エプパの滝,ヘレロ族
【起源】 約450年前に北部から移動してきたヘレロ族の末裔と言われています。
少数民族,大図鑑,ヒンバ族,ナミビア,オプオ,エプパの滝,ヘレロ族
【人口】 2〜5万人
少数民族,大図鑑,ヒンバ族,ナミビア,オプオ,エプパの滝,ヘレロ族
【言語】 ヘレロ語
少数民族,大図鑑,ヒンバ族,ナミビア,オプオ,エプパの滝,ヘレロ族
【生活様式】 一族単位で村を形成し、牛、山羊を放牧して暮らす。
ヒンバ族 himba ナミビア カオコランド 図鑑 説明 写真
オプオの場所
ヒンバ族 himba ナミビア カオコランド 図鑑 説明 写真
ヒンバ族の男の子
ヒンバ族 himba ナミビア カオコランド 図鑑 説明 写真
ヘレロ族

歴史
ナミビアでは1900年に入るとドイツ軍により90%もの先住民が殺害された。
ヘレロ族とヒンバ族は同一の民族だったが、ドイツの植民地支配の時にキリスト教&西洋的な暮らしを選んだのがヘレロ族、伝統的な暮らしを選んだのがヒンバ族となっている。

1980年代の大干ばつと内戦により、ほとんどの家畜が死に絶え。
生活できなくなったヒンバ族は都市やアンゴラに流出した。

1990年のナミビア独立以降、ヒンバ族は政府の保護政策の下で放牧のほか、野生生物の保護や観光客のための自然保護活動で生計を立ている。

特徴
ヒンバ族はオカと呼ばれる赤い泥粉と牛の脂肪を混ぜたもの全身に塗ってる。
これは日焼けや虫よけの効果+寒さや乾燥から肌を守る役割をしている。
またヒンバ族の女性は水浴びをしないため、皮膚を清潔に保つ役割も担っている。

ヒンバ族は男性も女性も首輪、ベルト、ブレスレットなど多くのアクセサリーを身につけている。女性のアクセサリーは既婚、未婚、子供の数などを表し、その総重量は数キロにも及ぶ。
その他ヤギや牛の革で下半身をスカートのように覆っている。
生活
 ヒンバ族はアフリカでも最も伝統的な暮らしをしている民族の一つで、一族単位で村を形成し暮らしている。
周りを柵で囲いその中に牛フンで固めた円柱型の家を作る。
牛やヤギなどの家畜も昼は放牧、夜はその柵の中心で世話をする。
男性はその家畜を昼間放牧に出すのが主な仕事で、女性は家事や水汲み子供の世話などを行う。
基本的に一夫多妻制で村の長や財力のある男性(牛の数で決まる)は数人の奥さんがいる。

現在はナミビア政府による保護政策により野生保護や観光による収入もヒンバ族の収入源となっている。
信仰
ヒンバ族は先祖を祭り、先祖への感謝や祈りが彼らの信仰となっている。
村の中心には薪が置かれ、その炎は聖なるものとして祈りの対象になってる。

また家畜の内臓から将来の出来事を占うシャーマニズムに似た習慣も持っている。

その他ヒンバ族の間ではエプパの滝(アンゴラとの国境にある)が聖なるものとして存在し、多くのヒンバ族が、滝に祈りを捧げるため、遠い距離を歩いて訪れている。
アクセス
交通手段が限られるナミビアでは首都ウイントフックからのツアーに参加するか、人を集めてレンタカーを借りるのが便利。
ヒンバ族訪問の拠点になる村はナミビア北西に位置するオプオで町中がヒンバ族であふれている。
町にあるヒンバ族のマーケットに行くとヒンバ族はそこで家畜、お酒、はちみつなどを売っている。

自分のペースで訪問したいと考える人は現地の交通手段で行くことも可能。
首都ウイントフック→ツメブ→オンダングワ→オプオと乗り合いバスや乗り合いタクシーを乗り継げる。
またそれぞれの町及びオプオには10$前後の安宿があり貧乏旅行者でも訪問は可能。

ただしオプオを出る交通手段は不定期なのでヒッチハイクやたまたま村に来た交通手段を捕まえる必要がある。
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
ヒンバ族 himba ナミビア カオコランド 図鑑 説明 写真