少数民族大図鑑

トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!

バンナ族、ハマル族(エチオピア)


アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑
アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑
伝統を重んじるエチオピアの美しい民族
【居住地】 オモ川流域
アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑
【起源】 コーカシアンとネグロイドの血が混ざった民族と考えられている。
アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑
【人口】 約56000人
アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑
【言語】 オモ系言語
アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑
【生活様式】 親戚同士で集落を作り、牛と山羊の放牧を基本とした畜産を営む。
アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑ジンカ周辺の村マップ アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑ブルジャンピング アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑バンナ族の青年

歴史
祖先はコーカシアンやネグロイドの混血で、アフリカ南部の遊牧民がこの地に住み着いたと考えられている。
19世紀末にエチオピアのメンリク2世によって住んでいた地域がエチオピアに組み込まれるまでは家畜を放牧しながら、一族ごとに遊牧的な暮らしをしていた。

特徴
男性の特徴としては椅子にも枕にもなる台のようなものとスティックを常に持ち歩く。
また頭を泥で固め、羽で装飾する姿もよく見られる。
女性は、髪を泥で固め、山羊の革と貝とビーズで作った服を着る。 これらの衣装は既婚者、未婚者で変化し、基本的には既婚者が頭を泥で固め、大きな鉄の首輪のようなものを首につける。

有名な儀式としては男性が成人になる際に行うブルジャンピングの儀式がある。
これは牛を10頭ほど並べ、その上を成人になった男性が渡る儀式である。
牛に飛び乗り牛の背中を4往復して初めて大人として認められる。
その時に使う牛はメス牛か去勢された牛だけを使う。
儀式の日は村を挙げての祭りになり、女性は昼から雄たけびのような歌を歌い、次に男性が女性たちに鞭を打つ儀式、割礼なども行われる。
すべての儀式が終わると家族は客人にお酒をふるまい、その宴は2,3日つづく。
生活
親戚同士で村を形成し、周りを柵で囲う。
中心にウシや家畜の飼育場を作り、周りに円柱状のテントのような家を作る。
通常女性や子供はその円柱状の建物の中で睡眠をとり、男性は牛の近くに簡単な寝床を作り寝る。
ハマル族やバンナ族にとっては牛はそれほど大事なものである。
実際にハマル族、バンナ族のほとんどが牛やヤギの畜産農家で生計を立て、財産や社会的地位は牛の数で決まる。

男性は複数の女性と結婚することが許されているが、結婚する際にウシやその他の多くの献上物を花嫁の家族に渡さなければならない。
また結婚式は村をあげて盛大に行い、食べて、飲んで、踊ってと村は大騒ぎになる。
結婚式には2,30km離れた村のあまり面識のない人ですら歩いて訪れ、食事やお酒をごちそうになる。

信仰
バンナ族、ハマル族の90%がスンニー派のイスラム教徒。
ただ服装などは伝統的な自分たちのスタイルを守っている。
またすべてのものに魂があるというアニミズムも信仰している。

アクセス
バンナ族、ハマル族を訪れる際の起点となる町はジンカ。
一応アジスアベバから小型プロペラ機も飛んでいる。(欠航になることも多い。)

バスだとアジスアベバから丸2日コース。
途中の町アルバミンチで一泊となる。
アジスアベバ発ジンカ行きは毎日一本でAM6:00くらいの出発だが、席が取り合いになるのでAM5:00くらいにバス停に行ってなければならない。
チケットを買うとき少しお金を足せば席をとってくれることもある。
門が空いたらバスまでダッシュ。
エチオピアの長距離移動バスはどこに行く時も基本同じ。
あまりのめんどくささに前夜憂鬱になる。
アルバミンチからジンカ行きもほぼ同じルール。

途中の町にバスを乗り継ぎながらでも行けることは行けるがバスの本数は少ない。
またお金は取られるがトラックの荷台に乗っていくのも可能。
しかしなぜかバスより割高。

バスはのろく、道は悪く、ほこりっぽい、しかもすぐ壊れる。
道中暑くて窓を開けようとすると悪霊が入ってくると言われ閉められる。
ついでにシートにダニや南京虫がすごい。

宿はアルバミンチ、ジンカともに安宿はたくさんあるがいい宿は少ない。
アジスアベバなら、Taitu hotel,ジンカならGemja Hotelは比較的お薦め。
(あくまで節約派の宿です。)

バンナ族を訪れるならカイアファールの木曜市、ディメカの火曜、土曜市、
ハマル族を訪れるならトゥルミの月曜市がお薦め。
カイアファールまではバスが、トゥルミやディメカはトラックをヒッチハイクして行く。
それぞれの村には2,3軒の宿がある。
トップページへ 少数民族大図鑑トップへ この民族の写真をもっと見る!
アフリカ エチオピア ジンカ バンナ族 ブルジャンピング 図鑑